(必読)樋口ギター教室の理念

子供のギター ギター教室
ゆっくり、確実に。楽しく。

こんばんは。ごきげんよう。大阪府高槻市沢良木町の樋口亜沙子ギター教室&樋口商店より、樋口昌紀がお送りします。本日もご訪問いただき誠にありがとうございます。これだけコロナが蔓延しているのに、行動制限がないのはなぜなんだろう。インフルエンザと同じ扱いにするという話も聞いた。確かに20代の頃、はじめてインフルエンザになった時は死ぬかと思いました。高熱で体中の骨が痛くて、横になる事も出来ない。這うようにして、だるんだるんのジャージで病院に行った事を思い出します。
 それから、やっぱり水の事故が多いですね。一番やるせないのは、溺れた人を助けに行った人が死亡して、溺れていた方が案外と普通に助かってしまったケースです。毎年あるけどこれはキツイ。

何歳から弾けますか?

当教室では4歳~修練しております。案外とスグに慣れるので、大丈夫です。でも、長い目で見て下さいね。

この年齢の方は、ギターを嫌いにさせないという事が一番大事だと思っています。ある日、グンっと弾けるパターンもありますので、オーバーワークにならないように。ギター教室=楽しいとインプットしていただきます。この楽しいっていうのが曲者でして、じゃあ、その子に合わせて、その子の要望ばかりを重視するのはどうかと思います。それなら勝手にお家で弾けばいい事です。嫌いにさせないように、メニューを提案していく。それが教室の存在理由です。今までの経験で得た指導法が活かされています。是非、知らない事を学んでください。

ギターほど、はじめやすい楽器はない。

まずは価格。安いです。¥20,000円~ギターは買えます。それから、音の問題。ギターの音はピアノほど大きくありませんし、優しい音色です。思う存分、練習出来ます。ウチは集合住宅で家族全員ギターを弾きますが、トラブルはありません。深夜2:00くらいまで弾いています。(さすがに音量は下げています。)

いい先生とは。

これは永遠の課題と言えるでしょう。筆者樋口昌紀は講師歴25年です。もちろん、いろんな失敗や後悔があります。その中で今言える事としては、見本を見せる先生は普通の先生。年齢問わず、その人に自主性という灯をともす先生は最も偉大なマスターといえるでしょう。

大事な事はよく見る事である。表情や受け答えに敏感であらねばいけません。基本、人間は自主的に出来ていると思います。皆、自分が主人公の人生を歩んでいるのです。親が死んでも、子供は生きて行けます。楽しいを楽する事と勘違いしないようにして下さい。3ピースのパズルは簡単でしょう、楽でしょう。でも楽しいですか?楽器なんてめんどくさい事のオンパレードです。それを一緒に時に助け、時に見本を見せ、本人が達成した事を一緒に喜ぶ。個人的にはそんな先生でありたいと思っています。きっと樋口亜沙子先生も同じ考えだと思います。

わたし、大人なんですけど大丈夫ですか?

これも定番の質問ですね。そのように思っている方も多いと思います。では「あ、ダメです。大人になってからはじめても上手くなりません。」と言われたらどうでしょう。諦めますか?

人は説得されているのではありません。納得しているのです。いくら言葉を尽くしても(勧誘はしません。質問にはお答えします。)最後の決定は本人がするしかありません。スタンスとしては「ホンマにどっちでもええんですよ。」と思っています。

先生は選べます。

基本的には女性、子供さんは樋口亜沙子先生が担当しています。大人の男性は樋口昌紀が担当しています。アコースティックギターやエレキギターも樋口昌紀が担当します。これは決まっているわけではないので「家の子、マニアックだから昌紀先生でもいいかしら?」ま、レアケースですけどもちろん大丈夫です。「ウチの子、先生の漫画ばっかり読んでるんです。将来は漫画家になる!とか言ってるんですけど。」ん~~それはちょっと。アニメイトに行った方がいいかも知れません。今はパソコンで絵を描く時代でして、僕には分かりません。昭和オジサンは、白紙にGペンで描いています。

いかがだったでしょうか。何かの参考になってくれたらいいのですが。いろいろと発表会とかみんなで弾こう会とかありますんで、覗きに来てからでもいいかも知れませんね。いっぱい人がいるので紛れ込んでも誰も気が付きません。最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。また来てや~(^^)/

楽しいホームページ
人気ブログランキング参戦中

コメント

タイトルとURLをコピーしました